ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)へ行こう! ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に家族(3歳児&1歳7ヶ月児)で行った時の感想などをまとめてみました。
これから小さな子どもを連れてUSJに行かれる方の参考になれば嬉しいです。
コンテンツ

  1. 子連れにピッタリホテル
  2. 新エリア ユニーバーサル・ワンダーランドを楽しもう
  3. 待ち時間を有意義に過ごすためには!
  4. オムツ替えの心配なし!
  5. 大人も楽しむアトラクション!
  6. ホテルを楽しむ
  7. 旅の感想&旅の心得(5カ条)

USJと言えばコレ!大きな地球儀がくるくる回ってます。この前での記念撮影は必須かな!
家族でUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)に行こうと決まったのは、2012年3月16日にオープンした新エリアの紹介CMを旦那が見たからです。
そのCMの内容は、こんな感じ。(Wonder! TVでも紹介されています)
母親と小さな女の子が、USJの新エリアを満喫!!そして、帰り際に娘がママをにこっとみつめて一言。「ママ、ありがと!」と。
このCMを見ていた旦那が「俺も息子と娘に言われたい!」。この一言で家族でUSJに行くことが決定しました。
CMの効果、抜群です!!(笑)
(1)ホテル京阪 ユニバーサル・タワーに宿泊

3歳児と1歳7カ月児を連れてUSJに行くのに悩んだことの1つは宿を予約するかどうか!
広島県在住ということもあり、日帰りが出来ない距離ではありません。朝早く出発し、夜遅く帰宅という強行スケジュールになりますが。。。
今回は子どもも小さいので乗り換えも大変だろうと思い、車で行くことにしたので、奮発して宿をとることに!!
宿を予約することが決まって、どこの宿にするか悩みましたが、ホテル京阪 ユニバーサル・タワーの予約をしました。
プランは「プライオリティ☆26階以上確約高層階プラン♪朝食&温泉入浴券付」です!
(急に計画したUSJ行き、土曜日の予約ということで前日に探して1つだけ残ってたホテルがなんとか予約できました。)

このホテルの良いところは、オフィシャルホテルということで、USJまでの利便性です。3歳児の足でも「抱っこ」をせがむことなく歩ける距離!ホテルからUSJが見えるので、はりきって歩いてくれます。USJに着く前から抱っこで体力を消耗するのは辛いので(笑)
それに、オフィシャルホテルということで、ホテル内でUSJのチケットが購入できるのも助かりました。
チケット売り場には長蛇の列が出来ていたので、子連れで並ぶのは辛いものがあると思います。でも、ホテルでチケットを買って行けば、すぐに入場ゲートの並んで入場できますよ!

この他にも、利便性のよいオフィシャルホテルはたくさんあります。すべて徒歩3分圏内です!ちなみに駐車場も完備されてます。
ホテル京阪 ユニバーサル・シティ
 ホテル京阪 ユニバーサル・タワーの姉妹ホテル USJに直結してます
ホテル近鉄ユニバーサル・シティ
 USJに1番近いオフィシャルホテルです
ホテルユニバーサルポート
 オフィシャルホテルでトップクラスの広い部屋が魅力です

USJオフィシャルホテルの1つホテル京阪 ユニバーサル・タワー


USJの中からも見ることが出来るほどの近さです!
(2)新エリア ユニバーサル・ワンダーランド

今回のUSJへの目的は子どもが楽しめる新エリア ユニバーサル・ワンダーランドを楽しむこと!
パーク内に入って、真っ先にこのエリアに行きました!このエリアのキャラクターは、3つ!スヌーピーハローキティセサミストリートです。子どもたちが大好きなキャラクターですね。

このエリアのアトラクションは、もちろん子どもが楽しめるものばかりです。
3歳の息子(身長103cm)は大人同伴で、ほとんどのアトラクションを楽しめます!(セサミのビッグ・ドライブのみ年齢制限でダメでした。)
1歳7カ月の娘も大人同伴だったら身長制限のないアトラクションが数多くあったので、十分楽しんでいました。
土曜日で人も多く、全てのアトラクションを乗ることはできませんでしたが、我が家の子どもたちが楽しんでいたアトラクションをご紹介します!

@ハローキティのカップケーキ―・ドリーム
遊園地によくある、いわゆるコーヒーカップです。これがカップケーキに形になっています。大人同伴だと身長制限がないので、1歳7カ月の娘も楽しんでいました。アトラクションが終了すると「もう1回、もう1回」とおねだりするほど!!
ただ、小さくても、自分一人で座らせないといけません。抱っこや膝の上に座らせるのは禁止です。

Aハローキティのリボン・コレクション
これは、キティちゃんと一緒に写真が撮れるものです。写真を撮る前に、キティちゃんのリボンコレクションをみたり、ハイヒールの形の滑り台でも遊べます。滑り台の推奨年齢は3才〜6才となっていましたが、1才7ヶ月の娘は滑り台に夢中で、かなり楽しんでました。
最後にキティちゃんと記念撮影をして、その写真が気に入れば出口で購入するという形です。ちなみに写真代は1800リボン(1800円)でした!
この時、息子はあともう少しで順番だと言うのに「トイレに行きたい」と言い、パパと一緒に戦線離脱。。。アトラクションに並ぶ前にトイレは必ず済ませておかないといけないということに気がつかされました。。。

Bビッグバードのビッグトップ・サーカス
これも遊園地によくある、いわゆるメリーゴーランドです。これも大人同伴だと身長制限ががありません。ただ、木馬に子どもを乗せたら大人はそばで監視する必要があります。なので、まだ小さい子どもだったら、子ども1人に付き、大人1人は必要かと思います。うちの3歳の息子は怖がりなので、1人では乗れないと言ってました。大人1人で子ども2人を見なければいけなかったので、上下運動をしない馬車のようなものに乗ることにしました。(この時パパはポップコーンを買うために並んでました。)

左端にあるのがビッグバードのビッグトップ・サーカスです。
正面がエルモのイマジネーション・プレイランドです。


Cセサミ・セントラルパーク
これは、いわゆる公園的なものです。噴水みたいのがあったり、滑り台があったり、アスレチックがあったりと自由に遊べます。水で遊ぶところもあるので、濡れる可能性があるので、着替えを持っていくと安心ですよ!



(3)待ち時間を楽しむための必需品 ポップコーン

子どもと一緒に待ち時間を楽しく過ごすのに重宝したのが「ポップコーン」です。うちの子どもたちは食べることが大好きなので、ポップコーンを渡しておけば静かに黙々と食べながら待ってました。30分ぐらいの待ち時間ならぐずることなく待てました。
このポップコーン、パーク内のいたるところでワゴン販売しているので、どこでも購入可能です。
ここで1つアドバイス!ポップコーンは割高でもフタのできるケース入りを購入したほうがいいです。量も多いので、1つ購入すると1日もちました。(3歳児と1歳7カ月児 2人で食べた場合)
蓋が出来るので、子どもに持たせてもこぼす心配が少なくなります。
あと、ケースは思い出に持って帰ることが出来るので、子どもたち大喜びです!!
ただ、1つしか購入しなかったので、どっちが持つかと取り合いの喧嘩がありましたが(汗)


このケースゴーカートそっくりのポップコーンバケツです。
タイヤも動くので、家でぬいぐるみなどを中に乗せて遊んでます。

(4)オムツ替えスペースは心配なし

小さな子ども(特にオムツ替えや授乳が必要な子)を連れていて、一番気になるのはオムツ替えスペースや授乳スペースがあるかどうかですよね!

そのことも、心配なしです!トイレにはオムツ替えのスペースがあり、紙オムツを捨てるゴミ箱も設置してあります!紙オムツが捨てられるのは嬉しいですよね。

その中でも、新エリアのユニバーサル・ワンダーランドが一番使い勝手が良かったです!


オムツ替えだけのスペースが確保してあり、ベビーベットがズラッと並んでいました。その部屋には授乳用の個室も数室完備されてましたよ!
それに、粉ミルク用のお湯やベビーフード用の電子レンジも利用できるようです。ベビーフードも購入できるみたいで、いざという時に大助かりですね!

このエリアに来たら、子どものオムツチェックを1度しておくと良いかと思います!
(5)大人も楽しもう!ジョーズに乗ってみました!

子どもはとっても楽しい、ユニバーサル・ワンダーランド。ただ大人にとっては少し物足りなさを感じるかもしれません。
ということで、大人も楽しむために「ジョーズ」に乗ってみました!
このジョーズのアトラクション、大人と一緒だと身長制限がありません。なので、1歳7カ月も娘も乗れました。ただ、子どもも1人でイスに座らなければいけませんが。。
ということで、家族4人で乗船!子どもたちはジョーズの迫力に大号泣。。。
大人は、ハラハラドキドキのスリルを十分満喫できました!!
3歳の息子、そうとう怖かったようで、その後、少しでも怖そうな場所には一切近づかなくなりました(汗)ジュラシックパークエリアで、「アメージング・ダイナソー」という恐竜の散歩のようなショーがあったのですが、遠くの方から眺めるのがやっとでしたもの。

「アメージング・ダイナソー」かなり大きな恐竜が歩きまわってます。

その後、子どもが嫌がる場所を避けながらパーク内を散策。「ハローキティのラン・アフター・ドリーム」というキティちゃんたちのストリート・ライブに遭遇して。子どもたちの機嫌がやっと良くなりました!



キティちゃんたちのストリート・ライブに子どもたちノリノリでした

あとは、キャラクターたちに遭遇するたびに記念撮影をして回りました。

セサミストリートのキャラクターたちとも記念撮影
(6)ホテルを楽しむ♪

さて、パーク内を満喫した子どもたち。本当は19:30〜のマジカル・スターライト・パレードを見て帰ろうと思ってましたが、人の多さに子どもたちも疲れたようで、3歳の息子が17:00過ぎごろ「もうホテルに帰ろう!」と言いだしました。
親もかなりヘトヘトに疲れていたので、この時ばかりは、「本当にホテルを予約しててよかったぁ。しかも、パークのすぐそばのホテルで良かったぁ。」と心底思いました。

ホテル京阪 ユニバーサル・タワーでは、予約プラン通りで28階の高層階に宿泊!部屋について、窓からの眺めに子どもたち「すご〜い!高い!」と大はしゃぎ!
夜暗くなると夜景がきれいで、子どもたちはまたまた「きれ〜い!」と大はしゃぎでした!普段、あんなに高い場所からの景色を見ることがないので、子どもたちはホテルの部屋も満喫してくれたようです。


部屋からの景色は最高!

ちなみに朝食バイキングが付いていたプランでした。食べるの大好きな子どもたちがそのことを知ると大喜び!夜寝る前から、「明日の朝の食べ放題楽しみだね〜」と3歳の息子は言い続けてました(笑)



夜景も最高で、通天閣(?)も見えました♪

デラックスツインの部屋は、予約時に添い寝の子どもがいることを伝えていたので、ベッドも2つをピッタリとくっつけてくれていました。なので寝像の悪い3歳児&1歳7カ月児もベッドから落ちることなく熟睡できました。大きなベッドなので親も狭い思いをせず熟睡できました。
バス・トイレがセパレートタイプだったので子どもたちをお風呂に入れるのが楽でした。それに、子どもたちも1日の疲れを癒せたようです♪

親にとってこのプランで嬉しかったのは、温泉入浴券付だったこと!予約するときは、気にも留めてませんでしたが、1日のパークでの疲れを癒すのに最高!子どもが寝ている間に交代で温泉に行ってきました。31階と高層階にあるので奇麗な景色を眺めながら疲れを癒す、本当に至福の一時でした!

私たち家族にとってホテル京阪 ユニバーサル・タワーは文句なしの100点満点でしたよ!もう1泊したい!もう1度泊まりたいと思うホテルでした。
(7)旅の感想&旅の心得(5カ条)♪

さて、旅の感想は「最高」の一言です!
旦那のCMのように子どもたちに「パパ、ありがとう!」と言われたいという当初の目的も達成することが出来ました!!
3歳の息子から「パパ、ありがとう!楽しかったね。また来ようね♪」と言われ、1歳7カ月の娘からも「パパ、あ〜と(ありがとうの意)」と言われ、ご満悦でした!
USJ(ユニバーサル スタジオ ジャパン)に行ってきました!ブログにも感想を書いています。ご覧ください)


さて、今回3歳児と1歳7カ月児を連れてUSJに行って感じた旅の心得をまとめてみました!これから小さな子どもを連れてUSJに行こうと思っておられる方の参考になれば幸いです!


その@ 宿(ホテル)を取るべし
子ども(3才&1才7ヶ月)を連れてのUSJは想像以上に疲れました。事情が許すのであれば宿取ると良いと思います。USJに近ければ尚良しと思います。

そのA ユニバーサル・ワンダランドは小さな子でも楽しめる
3才児はほとんどの乗り物を楽しめます。1才7ヶ月児でも楽しめるアトラクションが沢山あります。USJは3歳以下は入場料が無料です。入場料無料の子どもたちも満足できる新エリアでした。

そのB オムツ替えは新エリアで済ませとく
オムツ替えスペースはどのエリアのトイレでもあるのですが、子ども向けエリアのユニバーサル・ワンダーランドのオムツ替えスペースが一番使い勝手が良かったです!

そのC 待ち時間はポップコーンで気を紛らわせ!
ポップコーンがあれば多少の待ち時間もぐずらずに待ってくれます。(ポップコーンが好きな子どもの場合ですが。。。)

そのD 事前にキチンと計画をたてる
わが家は急遽決めたため、宿の予約も一苦労でした。探せど探せど満室で、なんとか予約できた感じです。それに、ガイドブックなどで事前に調べておくと、もう少し違ったUSJを楽しめたんじゃないかと思います!


補足@ ベビーカーは必要か?
悩みましたが、持っていきませんでした。1歳7カ月の娘もだいぶシャキシャキ歩くようになったので、歩きたがるだろうと予測して。予測は外れ、人の多さに驚いた娘はほとんど歩いてくれませんでした。ベビーカーがあれば寝たときに便利だったように思います。ただ、人が多い時はベビーカーを押すのも難しいだろうし、階段などは通れないし、一長一短かなと思いました。

補足A エクスプレス・パスは必要か?
対象アトラクションにユニバーサル・ワンダーランドのアトラクションが入っていません。うちの怖がりの子どもたちが乗れそうなアトラクションがなかったので、今回は購入しませんでした。4月の土曜日に行きましたが、待ち時間は30分程度のものが多かったです。(中には60分以上待つものもありましたが。)30分程度なら、子どもたちも愚図らず並ぶことが出来ました。なくても、5つのアトラクションを回ることができました。もちろん、絶対乗りたいアトラクションが決まってる場合やGW(ゴールデンウィーク)とか人出の多い時はあった方が便利なのかもしれませんが。。
くもんのカード教材のページ
 ホテル京阪 ユニバーサル・タワー/ホテル京阪 ユニバーサル・シティ/ホテル近鉄ユニバーサル・シティ/ホテルユニバーサルポート/すうじ盤/大阪のホテル/ロードスターでドライブしたい